出来るだけ少ない投資でリスクを抑えたい

これまでに何回もFX(外国為替証拠金取引)の取引をしている方もぜひもう一度復習をしておくようにしましょう。
どんなことでも基礎となることは必要不可欠なのです。

 

FXにおける取引スタイルは、取引にどれだけの時間をかけることが出来るかということを前提に決定します。
自分が予め用意している投資資金、さらにFXによる利益を積極的に出していくのか、または慎重に資産を増やしていくかによってFXのスタイルは大きく変わってきます。
取引による時間が十分にある場合や、出来るだけ少ない投資でリスクを抑えたいという考えの人もいることでしょう。
そんな人にはちょっと難しいですが、デイトレードと言われている取引方法が最も適していることでしょう。

 

FXの取引というのは、人それぞれ様々なスタイルを持っているものなのです。
まずは現在の自分に見合っている取引スタイルを確立させることが大切なこととなります。

後払い.com、今すぐアクセス
http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/%E5%BE%8C%E6%89%95%E3%81%84.com%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88
後払い.comは当サイトへ



出来るだけ少ない投資でリスクを抑えたいブログ:05 7 19

私のママや祖母は、
すごく料理が好きでした。

お菓子はいつもママの手作りで、
好物と言えば、最も古い記憶にあるのはマドレーヌ。
当時にしてはとてもモダンなお菓子だったと思います。

もっと驚くのは、
ママにとっての「おふくろの味」が
タンシチューであったこと。

ママの時代でさえ店頭には今みたいな薄切りのタンはなく、
一本丸ごと注文して
ずんどう鍋でコトコト煮ていたのですから、
祖母の時代はなおさらのことだったと思います。

ママも生クリームを
牛乳屋さんと交渉して手に入れていたとよく自慢していました。

しょっちゅうママが作ってくれた料理は
ジャガイモの「ニョッキ」。

大きくなってから
本場イタリアンのニョッキとは全然形が違うことを知って、
びっくりしました。

私の頭の中では
ニョッキといえば白玉団子のように円盤形でした。

どこで作り方を知ったのかママも覚えていないのですが、
あれのルーツを知りたいと今も思っているんです。

もう1つお菓子で大好きなのがシュークリーム。

ママに教わってよく作っていたのですが、
お子さんの頃、どうしてもショートケーキくらいの
特大シュークリームを作りたくて挑戦し、
大失敗したことがありました。

その時は機械を使わず、
人の手で生地に混ぜこめる卵の量に
限界があるなんて知らなかったんです。

卵がなかなか入らず、
ついにはすり鉢やスリコギまで登場…
結局、ふくらんだと思ったらペコっと落ちてへこんでしまい、
これにはお子さんながらに大ショック!

自信満々だっただけに、
今でもその経験はトラウマになっているほどです。


ホーム サイトマップ